施工事例 井波中学校体育館改修工事

Case Study vol.144 井波中学校体育館改修工事
井波彫刻で有名な富山県南砺市井波の体育館改修工事でハーベストパネルが採用されました。自然豊かな環境のなかでお色直しを終えた体育館は、地域の人たちに愛され健康を育むことでしょう。

井波中学校の体育館は、20年以上経過し、老朽化も見られたため、吊り天井の耐震対策を含む大規模改修を行いました。
災害時の避難所に指定され、かつ地域解放もしているため、バリアフリー化を図り、ミーティング室・更衣室も改修しました。
彫刻の町 『井波町』を意識したしつらえとし、ステージ廻りには、鋭角的な削り跡を残した楢の無垢板や県産の杉板を使用しました。ギャラリー・2階の多目的運動ホールにはハーベストパネルを多面使いし、杉のルーバー材と構成して軽快で開放感のある空間を作りました。
株式会社鈴木一級建築士事務所 寺岡裕子氏
【プロジェクト】 井波中学校体育館
【住所】 富山県南砺市
【設計】 株式会社鈴木一級建築士事務所
【販売協力】 道材株式会社
【使用製品】 ハーベストパネル

新潟県下でエーディーワールドさんの代理店をしております道材(株)です。教育施設という、ハーベストパネルの商品の特質を活かす案件に携わることができ、関係各位にこの場を借りて御礼申し上げます。弊社も一年前に新築したショールーム壁面にハーベストパネルを使用しているほか、EW8ノルドもご覧になれます。ぜひご来場くださいませ。
道材株式会社 荒井重信氏
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中