フローリング再生施工事例 温風低圧

今回の現場は日本初の本格的「シンガポール・キュイジーヌ」が味わえるmy Humble house tokyoです。
工期が限られた中で着色もおこなう、タイトな現場でした。
家具を移動しながら塗装をおこなうため、塗装効率が高いうえに塗料の周囲への飛散も少なく、かつ表面乾燥も早い温風低圧塗装機で着色塗装をおこないました。
施工前。ワックスがべったり塗られ、部分的に剥げています。 ワックスが残っていると、ウレタン塗装が密着不良をおこす場合があるため、全面サンディングします。
艶消し部分が着色済みの状態、艶有り部分はクリアウレタンのトップコートをかけた状態です。 見る角度によって変化する濃淡が、いい雰囲気を作っています。
反射光により浮きあがる市松模様が銀座の熱いナイトライフを華やかに演出します。
【プロジェクト】 フローリング再生 :my Humble house tokyo
【住所】 東京都中央区銀座 3-3-1 ZOE GINZA B1F
【面積】 約160㎡
【床材】 赤ラワン
【施工内容】 サンディング、着色、重歩行用水性ウレタン仕上げ
【作業時間】 約22時間
フローリング再生サービスのカタログダウンロードはこちらから(PDF:480KB)
お昼ご飯は、本格インドカレーが人気のインターナショナルな立ち食いそばやさんでいただいた「特大かき揚げそば いなりセット」です。
御陰様で夜までの長丁場に耐えられました。
営業担当:平岡万仁
フェイスブック : http://www.facebook.com/kazuhito.hiraoka
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中