施工事例 VINOSITY maxime

Case Study vol.120 VINOSITY maxime
今回はEW8の特徴を活かしたテーブルの事例をご紹介します。
通常はEW8の天板を作る際は単色で作っていますが、今回はあえて色を混ぜての制作にチャレンジしました。
同材だけど色のバリエーションがある、EW8のいいところだと思います。

 

 

VINOSITY maxime は日本橋のコレド室町2に入るワインのカジュアルレストランで、神田にある既存2店舗とは異なる内装にしたいと当初から考えていました。
西新橋にあるAD WORLDショールームを見に行ったらおもしろい木がたくさんあり、想像が膨らみました。特に地下にあった大量のEW8の色の異なるサンプルはおもしろく、「これを短冊状に切って合せてテーブルの天板をつくってもらえない?」と尋ねたら、「じゃ、やってみましょう」ということになり、研究を重ねてこのようなテーブルができました。
結果的に天井や壁のストライプともマッチし、トータルなデザインが完成しました。
今後もいろいろ提案しながら一緒におもしろいものができたら良いなと思っています。
オデッセイ オブ イスカ  みぞぶちかずま氏

 

【プロジェクト】 VINOSITY maxime
【住所】 東京都中央区
【設計】 オデッセイ オブ イスカ
【施工】 株式会社クイックシンク
【使用製品】 EW8

 

先週バーベキューをやったら寒くて夏の終わりを感じました。
しかし秋刀魚はとてもおいしく、秋もいいですね!
営業担当:山田憲幸
フェイスブック: http://facebook.com/noriyuki.yamada1
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中