施工事例 Y’s home

協力*ACTUS123人の家

 

たいがい建築の写真に人はいません、いない方がカッコイイからかなとか思っていると、人の映っている面白い本が発売された。
アマゾンの内容紹介には「撮影は玄関を開けて3分以内に開始し、一切ものには手を触れずに、ありのままの生活を記録することをテーマ」とある。
普通の建築写真からは見えない「暮らし」の場面が素晴らしい、モノにあふれた室内は創造力を駆り立てる。無意味な買い物なくして何のための人生だ、私は勇気が湧いてきた。
今回はそんな書籍の表紙を飾る物件の紹介です。
フィンランドの床材が似合う家族に流れる時間を想像して、設計したのかな、「暮らし」の場面を応援する仕事に携われて私は幸せです。

 

 

子供の為に肌触りの良い温かみのあるフローリングを使い、優しい雰囲気の空間を創りたいという施主の希望からのスタートでした。
何種類ものフローリングのサンプルから、185mm巾で迫力のあるノルドに一目惚れした施主と一緒に、すべての建築仕上げ素材とインテリア小物にいたるまで、このフローリングの雰囲気に合わせスタイリングしました。
実際に貼ってみての印象ですが、風合いもありスッキリとした印象です。
素足で歩くととても気持ち良く、サラサラとした肌触りに施主もご満悦です。
GOSiZE 藤田豪氏

 

【プロジェクト】 Y’s home
【住所】 大阪市北区
【設計】 GOSiZE
【施工】 株式会社トラスト
【使用製品】 ノルドター

 

123人の家」という本は30年、50年後に評価される本だ。
理由は30年、50年前に発行された同じ本が見たいからです。
須田 勝之
フェイスブック
http://www.facebook.com/katsuyuki.suda
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中