施工事例 MARKETEQ

Case Study vol.111 MARKETEQ
30年くらい前の話です。
倉俣史郎さんの事務所で知り合いが働いていて、自分の担当した物件の施工が完了し、お施主さんに喜んで頂き、倉俣さんから施工写真を見せるように言われて持っていったら、カラー写真をコピー機で白黒に焼いて返されたそうです。
デザインした壁面に色を塗り分けて仕上げた自信作は、白黒で見たらそれほどでもなかった。
「色を考えることに夢中になって、図面の段階で出来ること、徹底的に形を考えることをおろそかにしていた」と反省したそうです。倉俣さんは「お施主さんは、今、喜んでいても、ずっとそこで暮らして長い時間を過ごすのだから、出来るだけのことをしなさい」みたいなことを言われたそうです。
今回はそんな昔話を思い出させてくれた、意欲作のご紹介です。
ワッペンを製作する会社の事務所ビルです。
金型のデザインから、色付けや縫製まで一貫して行うことにこだわりを持ち、新しい試みにも意欲的にチャレンジしている企業です。
社会へ対し会社のポリシーを「カタチ」や「素材」といった要素で表現するのが建築の役割であり、今回の計画では、重厚感と斬新さを合わせ持つような表現としました。
最上階には屋上庭園に面した会議室を設け、お客様を迎え入れる場として最高の演出をしました。
壁・天井・床共EW8(ローズウッド)で空間を包み込み、黒いフレームで縁取ったワッペンを飾り付けています。
ランダムに設けた織り上げ天井から間接照明が空間をやわらかく包み込みます。
造り付の家具にもEW8(ローズウッド)を使用し空間に調和させています。
一級建築士事務所アールタイプ  波々伯部 人士・みさ子

 

【プロジェクト】 MARKETEQ  
※WEBサイトはコチラ
【住所】 大阪市淀川区
【設計】 アールタイプ
【施工】 竹中工務店
【使用製品】 EW8(ローズウッド色)
7月13日に京都でコルクフローリングのDIY教室が開催されます。
須田 勝之

フェイスブック
http://www.facebook.com/katsuyuki.suda

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中