常磐白水焼 山崎淳司 常設展

エーディーワールド ショールームにて、唯芳窯・常磐白水焼(じょうばんしらみずやき)の陶芸作家、山崎淳司(やまざき あつし)さんによる陶芸作品の展示・販売を開始しました。
常磐白水焼は、いわき市の土を使った焼き物で、独特の青味がかった色合いが特徴です。
ショールームに展示しているテーブルとも相性よく、とても落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
常磐白水焼の原料となっている粘土を初めて発見したのは、内郷・白水阿弥陀堂のそばにある炭鉱資料館敷地内でした。
この露頭していた粘土を試験焼成したところ、陶芸に使える土だとわかり、茨城県笠間の窯業指導所にX線分析を依頼した結果、「常磐夾炭層粘土(じょうばんきょうたんそうねんど)」と確認できました。
5.82%も鉄分を含む特徴を生かして、白化粧土を使用すると独特な青紫の窯変発色をします。焼き上がりは、一般の陶器より堅くきれいな音がする半磁器です。
現在は、いわき地区数か所で同じ地層を見つけ、水簸精土して使用します。
常磐白水焼 唯芳窯 山崎淳司氏
昭和29年
昭和49年
昭和51年
昭和53年
平成元年
平成 2年
平成 6年
平成 8年平成 9年
平成11年
平成18年
茨城県水戸市生まれ
茨城県立笠間窯業指導所に入所
陶壁作家・大野俊次氏に師事
フリーの作家活動を開始
『OAHKYS展』(笠間市)に出展
『水戸いすずギャラリー』に於いて、田代五郎氏と二人展
栃木県那須郡に「小砂焼・唯芳窯」として独立築窯する
ギャラリー『梓』個展(笠間町)
資生堂ギャラリー『ピクチャーズ』個展(東京・銀座)
小砂焼・陶芸の里体験センター『陶遊館』組合員として陶芸指導
那須塩原市高林に転居、窯を移築する
ギャラリー『筍心堂』個展(大田原市)
※現在は茨城県、栃木県および首都圏各地に於いてグループ展・個展を開催し、作品を発表している。
東京ショールームにて、これらの素敵な作品を展示・販売しています。ぜひお越しください。
住 所  〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目23-6
TEL.  03-5405-1125
FAX.  03-5405-1126
最寄駅  地下鉄三田線御成門駅徒歩1分  【MAP】
営業時間  9:00~18:00
定休日  土・日・祝  ※事前にご予約いただければ対応可能です。
※ショールームは予約制です。お手数ですが、事前にお電話でご来場日時をご連絡の上お越し下さい。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中