施工事例 杜に佇む円康慈の拠居

Case Study vol.102 杜に佇む円康慈の拠居
世の中に曲線や凹凸しかなかった時代の憧れは、直線や平面だったのかもしれない。
ここ数十年、直線や平面だらけの世界が出現し、もう飽きちゃったのか、疲れることに気がついたのかな。
でも、曲線なら何でもいい訳じゃない。相当厳しい基準がある。その基準がなんだか解らないけど、確実にある。
そんなことを考えさせてくれる住宅のご紹介です。
 テーマ・コンセプトは【杜に佇む円康慈の拠居】としてデザインを進め、クライアントとのコラボレーションで大自然の杜に佇むすまいが完成した。
素肌で感じ、愛着のもてる素材を探し、ディテールを重ね合わせながらの融合を表現することで、毎日の生活から離れた住空間のやすらぎを求めた。
コンセプト・テーマに表れる如く、
【丸く穏やかに、健やかに健康であり、家族が慈しみ共に遊びの拠点になるすまい】として欠かすことが出来なかった、玄関メインマテリアルとして、ソウルウッドをナチュラルに演出しました。
株式会社パナホーム滋賀 デザイナー 内木一行(nike)氏
【プロジェクト】 杜に佇む円康慈の拠居
【住所】 長野県茅野市
【デザイン】 nike (内木一行 / 現:PH滋賀 出向)
【施工】 パナホーム 東海
【使用製品】 ソウルウッド(J.B. 特注)
私のアイドルは岡崎友紀です。
須田 勝之

フェイスブック
http://www.facebook.com/katsuyuki.suda

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中