プリツカー賞受賞ニュースによせて:みんなの家・かだって

伊東豊雄さんが2012年ベネチアビエンナーレ国際建築展での金獅子賞に続き、2013年のプリツカー賞を受賞されました。日本の建築がこれからも世界への挑戦を続け、評価を受けていく可能性に大きな夢と励みをもたらせてくれる素晴らしいニュースでした。
伊東豊雄さんの主宰される伊東建築塾伊東豊雄建築設計事務所が、東日本大震災で甚大な被害を受けた釜石市の商店街の人達と連携し創り上げた「みんなの家・かだって」で、エーディーワールドは協賛企業としてハーベストパネルを提供し、野地板として使用されました。
“かだって”とは、この地方の方言で「みんなで一緒にやろう」という意味の言葉だそうです。
 ハーベストパネルを野地板として使用するにあたり、施工会社とよく相談しました。また、いただいた数値データをもとに構造強度の検討も行いました。
麦わらチップの質感は木の質感と相性がとてもよく、素材をそのまま活かした内部空間ができました。黄色の色味によって明るい室内空間ができ、今回の用途にとても合っていたと思います。
お施主様には、とても居心地がよいというお話をいただいております。
やはり素材の温かみがあるからだと思います。
伊東豊雄建築設計事務所 高池葉子氏
【プロジェクト】 みんなの家・かだって
【住所】 岩手県釜石市
【設計】 伊東豊雄建築設計事務所+伊東建築塾
【使用製品】 ハーベストパネル
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中