【ADW NEWS】施工事例 番屋 西新宿店

想像とコンセプトを形にするアーキテクトたちの仕事。
AD WORLD の製品を使って創造されたプロジェクトをシリーズでご紹介します。
Case Study vol.76 番屋 西新宿店
素敵な夜景とおいしい料理。いつもと違う、ちょっと特別な空間に個性的な床材や無垢材、銘木アートレリーフを採用していただきました。
銘木のアートレリーフ。 雰囲気に合わせデザインは自由です。
長さ4200mmのケヤキのテーブルは葡萄杢がでました! バックパネルにはウォールナットをそのまま貼りました。
幅260mmのSOULWOODオークフローリング。 パックリ割れているし、ガッツリ節が入ってます。
日本最大級のオフィス街西新宿。住友ビルは、その中でも新宿高層ビルの草分け的存在である。三角ビルとも呼ばれるこのビルの49階に番屋西新宿店が誕生した。
京町屋の路地を思わせる石畳を進み、のれんをくぐるとまず目に飛び込んでくるのは、土壁に瓦を埋め込んだ信長壁だ。
瓦は職人が1枚1枚丁寧に積み重ねていった。
そして、店内には何十本もの迫力ある柱・梁の古材が現れる。
これらは、飛騨高山まで足を運び、1本1本吟味し選んだものである。やはり、経年変化によって生まれる味わいや重みは伝わってくるものがある。柱・梁だけでなく様々なところに、木材のもつすばらしい表情をみることができる。
テーブル席の4mを超えるケヤキの天板や、床の間に並べられたブラックウォールナット材、上框や床材、各部屋に飾られているディスプレイ・・・など。
また、店内には木だけでなく石や手漉き和紙、土壁など様々な自然素材が使われている。
コンクリートジャングルの中で、ほっと落ち着ける空間になっているのではないかと思う。
有限会社フィルデザイン 代表取締役 向笠謹明氏
【プロジェクト】 番屋 西新宿店
【住所】 新宿区
【設計】 有限会社フィルデザイン
【施工】 日活スペースデザイン
【使用製品】 銘木アートレリーフ、SOUL WOODオークフローリング
ケヤキ、ウォールナット
少しずつあったかい日が増えてきましたね。
一緒に花粉も増えてきました。。。いい対策法はあるのでしょうか?
営業担当:山田憲幸
フェイスブック: http://facebook.com/noriyuki.yamada1
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中